最新記事

ナーフ文章の三大名言って過剰なストレス・低ランクではイージスが強い、あと1つは!?

構築済みデッキ第二弾 イージス

772: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:18:39.973
過剰なストレスと低ランクではイージスが強いが俺的に三大名言だわ
ここの運営はチンカスぐらいの期待はしても信用はできない

781: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:21:28.157

また、《根源への回帰》がバトル中盤から複数のターンに渡ってプレイされた場合、
対戦相手はフォロワーを戻され続けて手札が上限枚数に達し、新たなカードを引けなくなることもあります。
引けるはずだったカードが失われることはユーザーの期待を裏切る出来事であり、ゲームの楽しみを阻害します。
ユーザー自らカードを引く能力を使って手札が上限枚数に達することはありますが、
相手がプレイした《根源への回帰》によって手札があふれる状況を強いられるのは、このカード特有の過剰なストレスだと言えます。

文章考えたやつ天才だろ

785: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:22:39.227
>>781
まあこれは言いたいことは分かる

786: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:22:50.548
>>781
クロノス、聞いてるか?

792: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:24:25.014
>>781
公式がコレなら笑いが止まらぬ

787: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:23:26.564
過剰なストレスとかいうパワーワード

788: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:23:35.249
クロノスは溢れを防ぐ選択肢がプレイヤーに与えられているのでセーフ

789: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:23:56.451
もう1枚のカード、《力比べ》は『イージスビショップ』
(《ヘヴンリーイージス》を中心としたビショップクラスのデッキ)で編成されることのあるカードです。
高ランクユーザーの対戦データでは、『イージスビショップ』の勝率49.9%と使用率8.0%には問題がありません。
しかし、『イージスビショップ』は低ランクになるほど勝率が高くなるという特徴的な傾向があり、
例えばBランクでは勝率54.0%、Cランクでは勝率56.5%です。
なお、その他のほとんどのデッキは、使用ユーザーをどのランクで区切っても勝率に大差はありません。

791: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:24:11.943
宮下とかいう過剰なストレス社員はやく除外してくれませんかー?

796: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:25:45.646
やっぱ過剰なストレスと力比べイージスは名文だな

797: 名無しさん@シャドバまとめ 2018/01/28(日) 16:25:47.697
笑えるけど当時のやつらは本気でキレてたなウケる

最新記事
注目記事

コメント

  1. 匿名 より:

    そもそもTEPPENが出たにも関わらずいまだにこんなクソゲーしてるやつとかいるんか

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。